白鵬の“物言い”を元後援会会長が厳しく非難「角界追放ぐらいしてもいい」

d5b29934a752f6691ceb5d1a94737583

スポンサーリンク

22日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、横綱・白鵬の所属する宮城野部屋の元後援会会長・服部眞司氏が、白鵬を厳しく非難した。

番組では、前日に引き続き、20日に開催された日本相撲協会の臨時理事会において、元横綱・日馬富士による暴行事件の関係者の処分について特集した。

その中で「白鵬の元後援会長に独占取材」と題して、服部氏にインタビューした様子を伝えた。インタビューVTRで、白鵬の処分の妥当性を聞かれた服部氏は「張本人(日馬富士)くらいじゃないかな」と答えた。

臨時理事会では、既に引退をしている日馬富士は「引退勧告に相当する」ことが確認され、白鵬については、来年1月の給与を全額不支給および2月の給与も5割減額という処分を下している。つまり、服部氏は白鵬にも「引退勧告」の処分が妥当だと考えているということだ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です