【閲覧注意】広末涼子が関東連合に強要されてた「灰皿プレイ」知ってる?こんな事させられてたのか・・・

8f5ad0d5aa6948691df8c2699bda280dff6efa5c

スポンサーリンク

あせった広末涼子が事務所に内緒でフランスに行っちゃって、

リュック・ベッソンの知り合いの家にホームステイしてフランス語の学校に行ったり、

リュック・ベッソンと半同棲みたいなことまでして、やっと「WASABI」にありついたと。

その時、広末涼子はリュック・ベッソンにSM的行為も受けていたそうです。

 

でも、フランス語は結局ダメで、リュック・ベッソンがテープに吹き込んだ台詞を

覚えるという形で撮影したんだけれども、演技が全然で、リュック・ベッソンが

撮影開始直後からメガホンを他の人に渡してしまって、自分は参加しなくなって、

広末涼子にもあきてしまったそうで、記者会見の時、広末涼子が泣いたのは、

捨てられたことのショックだそうです。撮影もほとんど東京で行われて、

「あんなのフランス映画じゃないわよ!!!」って言ってました。

何でも広末涼子って偉い人と寝ると、いい仕事をもらえるってやり方で

来てたんで、それがフランスでも、アメリカでも通用すると思っていたらしく、

「あの子は世間知らずのかわいそうなバカな子なのよ。女優は女に優れる

って書くんだから、女優じゃないわ!!!!!」とおすぎさん力説していました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です