【驚愕】内村光良がすごかった!『紅白歌合戦』を救った圧倒的な“父性”とは?

スクリーンショット 2018-01-04 3.18.11

スポンサーリンク

その気遣いには、SNS上でも「欅坂とウッチャンコラボのやつ、ウッチャンが大丈夫?って聞いてるの見て泣きそうめっちゃ優しいやん」「欅のコラボで内村さんが大丈夫?って声かけをしていて、気遣いの出来る優しい人なんだなぁと思いほっこりしたなぁ」など絶賛されている。アーティストとの連携が取れた司会ぶりに「今年の紅白はウッチャンのファミリー感が強い。人徳かな。ウッチャンを総合司会に据えたのは大正解だったかもね」「ウッチャン、紅白司会うまかったなー。流石だったから、また、来年もウッチャンがいいなー」と、継続を望む声も多数見受けられた。

一時はその存続意義に疑問符も投げかけられていた『紅白歌合戦』だったが、今回の内村の総合司会起用は起死回生のブッキングであり、次回以降への光明を見出したことは間違いない。まさにその名の通りに、名だたるアーティストたちを明るい「光」で照らして「良」しとした内村。今後は『紅白』が『LIFE!』ならぬ“ライフワーク!”となるかもしれない。

参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180103-00000300-oric-ent

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です