【警告】インフルエンザの流行広がる 今季最大の注意レベルに...

4558b_1509_687dd0dc_bafc513f

スポンサーリンク

インフルエンザの流行が広がっている。

国立感染症研究所が5日発表した調査によると、全国約5千カ所の定点医療機関から報告された最新の1週間(昨年12月18~24日)の患者数は1カ所あたり12・87人に上った。自治体が注意報を発令する目安の10人を今季初めて超えた。昨季に比べて2週間早い。

感染研によると、患者数は10週連続で増加。全国の推計患者数は約66万人で、前週から2倍近く増えた。全都道府県で前週を上回り、28都道県で注意報レベルを超えた。

都道府県別では、1医療機関の患者数は宮崎が最も多く26・03人。長崎(25・57人)、岡山(25・19人)、山口(22・22人)、大分(20・95人)が続いた。中国や九州地方で特に多く、東京は13・93人、愛知は10・93人、大阪は9・55人だった。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です