【渡辺謙】慰謝料もハリウッド級?迫る熟年離婚の“Xデー”に迫る

20170401132056

スポンサーリンク

代償は、億単位か。俳優、渡辺謙(58)の不倫騒動で、渡辺の妻で女優の南果歩(53)との離婚が不可避の状況になっているという。

南は一昨年3月に乳がんの手術を受けており、昨年、出席した乳がんの早期発見を促すシンポジウムでは「精神的な疾患が出て、別の闘病が始まった」と告白し、暗に渡辺の不倫を非難して話題になった。

「公の場所でこんなコメントをすれば大きく報道され、離婚が取り沙汰されるのは目に見えている。それを十分にわかった上での発言です」とスポーツ紙芸能記者は言う。

離婚に際しては、結婚後のふたりの共有財産はすべて慰謝料として南に譲るとみられ、東京・世田谷区に建てた6億円豪邸などがそれに当たる。不倫の代償は高くついた形だが、さらに精神的疾患を負わせたとなれば慰謝料はハネ上がる。

「法律に慰謝料の算定基準が明確に定められているわけじゃありませんが、不貞行為を理由に離婚する場合、その行為によって負った苦痛の度合いや夫の年収などが考慮されることになっています。慰謝料とは、精神的苦痛への慰謝が本来の意味するところなのです」と法律関係者は言う。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です