【驚愕】白鵬、横審にケンカ売る?稽古総見でやりたい放題...

984d1c9f50101e6ef81bd9bf25ad3e35_640px

スポンサーリンク

大相撲初場所(14日初日)に向けた横綱審議委員会の稽古総見が5日に両国国技館で行われ、横綱白鵬(32)は、いきなり張り差しをみせるなど“やりたい放題”は変わらなかった。

2場所連続41回目の優勝を目指す白鵬は、東前頭4枚目の正代に7戦全勝だったものの、一番取るごとに汗を拭いて休憩。何番も続けて取る他の力士と比べると、現段階での調整遅れ、スタミナ不足は明白だった。

昨年末には横綱審議委員会の北村正任委員長(毎日新聞社名誉顧問)が、張り手やかち上げを多用する白鵬の取り口について投書が多数寄せられていると明かし「“横綱相撲とはいえない”“美しくない”“見たくない”という意見だった」と苦言を呈した。ところが、白鵬はこの日も立ち会いに張り差しをみせる場面があり、元横綱の北の富士勝昭氏は「やってた? 不届き者だねぇ~。あんだけ注意されてるのに。喧嘩売ってるのかね!? 横審に」とあきれるばかりだった。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です