【衝撃】週刊誌の貴乃花親方記事は偽り!!明かされていない理由がヤバすぎた・・・

20180109-00080275-roupeiro-000-6-view

スポンサーリンク

2017年12月27日に発売された『週刊文春』『週刊刊新潮』1月4・11日合併号のトップ記事「貴乃花激白」「貴乃花が本誌に激白!白鵬の正体」、そして2018年1月5日発売の『フライデー』1月19日号「貴乃花激白5時間!『相撲協会は潰れたほうがいい』」が不可解だ。どうも明かされていない事情があるとしか思えない。

 いずれの記事もタイトルだけ見ると、ついに渦中の貴乃花親方本人が登場、というスクープ扱いだ。『週刊文春』『週刊刊新潮』とも新年特大号で2週売りだから、そこにスクープをぶつけるのは当然だろうし、『週刊新潮』はもうひとつ桂文枝さんの不倫スキャンダルも載せていいるのだが、貴乃花親方激白記事の方が大きな扱いだ。

不可解だと書いたのは、それら3つの記事、特に前の2つの記事を読むと、どうも見出しとのギャップが不自然だからだ。記事の方は大半が親方本人でなく、その親方に話を聞いたという匿名関係者の証言だ。『週刊新潮』は見出し脇に「腹を割って全本音4時間!」とまで掲げているのだが、記事を読むと、親方が関係者に4時間にわたって話した内容、というのだ。でも普通はそれを「本誌に激白!」とは言わないだろう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です