【自分の事は棚上げ】池坊保子氏、文春&新潮に激怒!「人を不幸にしてまでも売りたいのかなと思う」

bandicam-2018-01-04-21-39-20-512

角界をめぐる騒動で時の人となった日本相撲協会の評議員会議長、池坊保子・元文部科学副大臣(75)が、自身に関する週刊文春と週刊新潮の報道に怒りをあらわにした。

「すごいショック受けてるのよ。抗議文を出そうと思います」

夕刊フジの直撃取材に、池坊氏は憤りをあらわにした。

10日発売の週刊文春で「『貴乃花はクスリをやってるみたいに異様』と吹聴していた池坊保子」という見出しで報じられた記事について、池坊氏は「“吹聴”したなんて、そんなことはありません」と語気を強める。

記事では「(貴乃花親方が)『クスリをやっているかのように変』と言ったのでは?」との質問に対し、池坊氏は「『そうかしらんって言ってる人もいるくらい、なんか異様よ』ということは言いました。二年くらい前」と説明している。

最後まで読んでくれたあなたにプレゼント!


男女必見!イケメン、またはギャルと本番○○する方法とは?


イケメン、ギャルと無料で○○する方法を紹介!
 
例えば、女性も知らないうちに男性に引かれていた・・・。

その男性を引かせてしまうボーダーラインがこちら!

Hの途中に男性が喜ぶの奥手さと萎える奥手さのボーダーラインが判明!!
Couple having sex  

例えばキスの仕方1つで相手に不快感を与えてしまう・・・。

その驚愕の理由をチェック!

【男女必見!!!】ここが違う!上手いキスと下手なキスの差とは!? shutterstock_518351875-20170131190916-600x400  

彼女を本当にイカせたいと考えてるあなたにはこの記事がおすすめ!

愛撫とイカせる動きは全く別物!女性が本気で感じるセックスとは? 2-t-32

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です