【どうして?】松井秀喜の米国野球殿堂入りは絶望的どころか1年で資格喪失の可能性大きい

20171220_matsui3

スポンサーリンク

2018年の米国野球殿堂入りの発表が1月24日(日本時間25日)に近づいている。1936年にタイ・カッブ、ベーブ・ルース、ホーナス・ワグナー、クリスティ・マシューソン、ウォルター・ジョンソンの5人が初めて選ばれてからスタートした歴史ある殿堂入りの今年度の候補選手はすでに発表されており、そこには元ヤンキース、アスレチックス、エンゼルス、レイズでプレーした松井秀喜氏(43)の名前がノミネートされている。2014年に日本人として初の候補選手となった野茂英雄氏(49)以来、2人目の快挙だ。

米国野球殿堂は、メジャーで10年以上プレーし、引退後5年以上が経過した選手が対象となり、その中から全米野球記者協会の殿堂審査委員会が候補者を選び、次に10年以上所属している記者の投票によって決められる。10人までの連名投票で有効投票数の75%以上の得票があれば晴れて殿堂入りが決まる。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です