【会員制雑誌に異例の抗議】宮内庁「常陸宮発言」に激怒の背景

s_ice_screenshot_20170517-183408

スポンサーリンク

「天皇陛下の退位に関わる話で宮内庁として看過できない」──宮内庁の西村泰彦・次長がこのように述べたのは、1月9日の定例記者会見でのこと。月刊誌『テーミス』1月号に掲載された記事を事実無根として、抗議し記事撤回を求めたと発表したのである。

問題となったのは、「皇室会議 常陸宮さま『たった一人の反乱』」と題した記事だった。

内容は、天皇の退位日について議論するため昨年12月1日に開かれた皇室会議の中で、議員の一人として参加していた常陸宮が「4月30日退位案」に疑問を呈し、「陛下は憲法を改正して制度的に辞められるようにしてほしいと思っておられる」「陛下と宮内庁とどちらが偉いのですか」などと発言したというものだ。元宮内庁職員で皇室ジャーナリストの山下晋司氏が言う。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です