【災害】草津白根山噴火、12人重軽傷・・・ゴンドラに噴石や雪崩も

m_447543ae6c6db4b55fbc81e4dc9a7ad3

スポンサーリンク

23日午前10時5分ごろ、群馬県草津町の草津国際スキー場で、「噴火で雪崩が起きた」と119番があった。警察庁によると、噴石が当たったりして12人が負傷し、うち2人が重体。2人は軽傷という。負傷者はスキー客や訓練中の自衛隊員ら。雪崩も起きたが、行方不明者の情報は入っていない。

気象庁は草津白根山の本白根山で噴火が発生したと発表。噴火警戒レベルを3(入山規制)に引き上げた。

噴火による噴石がゴンドラに当たり、窓ガラスが割れて複数人がけがをした。草津町役場によると、噴火の影響で停電し、ゴンドラにスキー客らが閉じ込められた。予備電源で動かし、乗客ら約80人は山頂付近に退避。雪上車で順次救助している。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です