【やらせ?】TBS公開大捜索、記憶喪失の外国人の正体がやばい・・・

f7e1c583

スポンサーリンク

1月31日の19時から『緊急!公開大捜索’18春(TBS系)』が放送され記憶を無くした外国人が秋田県で保護されるも、英語を忘れてしまいカタコトの日本語しか話せず過去のことを全て忘れてしまっているという。今回生放送に出演し状況を語るも「記憶はない」「英語は覚えていない」と語るジョンスミス(仮名)。

しかし番組が調査したところ、この外国人はアメリカ出身のイムス・カイル・リーという人物だったことが判明。年齢は26歳で関西空港から2016年9月2日に入国。その後、2016年11月22日に秋田県で記憶が無くなった状態で発見された。しかしこの番組を見ていた視聴者は「うそくせー」「身元判明したら強制送還しろ」「帰れない理由があるんじゃね?」「借金抱えてるとか・・・」というコメントで溢れており記憶喪失を信じているものはいなかった。視聴者は記憶喪失は嘘じゃ無いのかと疑うコメントで溢れていた。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です