【自衛隊ヘリコプター墜落事故】フライトレコーダー回収、事故原因解明か!?

0026123798

スポンサーリンク

佐賀県神埼市の民家に陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリコプターが墜落した事故で、墜落現場の東側に主回転翼(メインローター)とみられる部品などが広範囲に散乱していたことが6日、陸自などへの取材で分かった。

事故機は東から西に向かって飛行しており、部品を落下させながら墜落した可能性がある。

陸自は現場で新たに1人の遺体を収容し、行方が分からなかった機長の斉藤謙一2等陸佐(43)と確認した。県警によると、司法解剖の結果、副操縦士の高山啓希1等陸曹(26)の死因は外傷性ショックと判明した。

 

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です