【米激怒】新駐韓大使に軍人急浮上、韓国紙「軍事的衝突の前兆」と警戒

680a40b4

スポンサーリンク

「白紙」となったドナルド・トランプ米政権の駐韓米大使候補として、元在韓米軍司令官のウォルター・シャープ氏(陸軍大将・予備役)の名前が急浮上した。シャープ氏は司令官時代、北朝鮮への軍事作戦計画「5029」の策定に関わった人物である。トランプ大統領は、「従北」の文在寅(ムン・ジェイン)政権に怒りをためているとされる。朝鮮半島を熟知する「軍事のプロ」を新駐韓大使に抜擢(ばってき)すれば、対北攻撃を排除しないトランプ政権の断固たる覚悟を示すことになりそうだ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です