【運命の対決】2.17決戦、藤井聡太VS羽生善治竜王 “10代名人・藤井聡太”は誕生するか!?

fujiiSota_7_main

スポンサーリンク

2月17日の朝日杯準決勝で、羽生善治竜王(47)との公式戦初対局を控える15歳の天才棋士・藤井聡太--デビューからの連勝記録が途切れた後も大活躍が続く中で、とりわけ注目すべきは「順位戦での快進撃」とするのは、『藤井聡太 天才はいかに生まれたか』などの著書があるフリーライター・松本博文氏だ。

「順位戦は1年かけてリーグ戦形式で行なう棋戦で、プロ入り当初に所属するC級2組から最上位のA級まで5クラスに分かれている。どれだけ勝ち続けても1年に1クラスしか昇級できないのでA級到達まで最短でも5年かかる。

 

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です