【衝撃】相撲界、力士の運転禁止ルールの背景

701da_1110_20180207-140932-1-0001

スポンサーリンク

大相撲の十両・大砂嵐が7日、1月に車の無免許運転をした疑いで長野地検に書類送検された。

そもそも、日本相撲協会は力士に対して現役中の運転を禁じているが、他のスポーツでは例がない。どうしてそこまで。背景には運転に限らない「管理」の思想があるようで……。

協会は2000年12月、幕内力士が大阪市内で50代の女性をはねて死亡させた事故を機に、力士の運転を正式な規則として禁止した。07年4月に幕内力士が追突事故を起こした際は、5月場所の出場停止と30%の減俸3カ月の処分をした。故放駒元理事長(元大関魁傑)は「力士は敬愛される存在なんだから自己を厳しく律しなくては」と語ったことがある。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です