【激怒】相撲協会“春日野理事長”誕生の可能性 隠されていた傷害事件、被害者父の怒り

3988f_1523_9555a733_3e1dadb8

スポンサーリンク

白鵬、稀勢の里の両横綱が休場し、平幕の栃ノ心の優勝に終わった初場所。師匠の春日野親方は快挙の瞬間、号泣し、スポーツ紙には「鬼の目にも涙」などと書かれた。春日野親方については以前、栃ノ心ら弟子3人の腹や背中をゴルフのアイアンで殴ったと報じられ、厳重注意処分を受けたことがあるから、まさしく「鬼」には違いない。

***

そんな親方が主を務める部屋での過去の傷害事件が発覚したのは1月24日のことだった。春日野部屋に所属していた元力士(23)が弟弟子だった矢作嵐さん(22)の顔を殴って傷害罪で起訴され、懲役3年、執行猶予4年の有罪判決が16年6月に確定していたにもかかわらず、部屋及び協会はそれを公表していなかったのだ。その理由について春日野親方は「(加害者は)辞めた力士だから」と答えていたが、いかにも苦しい言い訳である。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です