【ありえない】「まるでノロウイルスの培養室」韓国・平昌五輪施設の衛生実態を現地スタッフが激白

PYEONGCHANG-GUN, SOUTH KOREA - JANUARY 21: Preparations continue ahead of the Pyeongchang 2018 Winter Olympics on January 21, 2018 in Pyeongchang-gun, South Korea. (Photo by Richard Heathcote/Getty Images)

スポンサーリンク

9日放送の「モーニングショー」(テレビ朝日系)で、韓国・平昌(ピョンチャン)五輪における関連施設の実態に迫った。

番組VTRでは、五輪開幕を直前に控え、現地でノロウイルスの集団感染が発生していることを取り上げた。韓国・保健省によると、ノロウイルスは勢いを増し、警察官や記者への感染が拡大しているそうで、1000人以上が症状を訴えているという。

平昌五輪組織委員会は、対策に乗り出しているそうだが、会場周辺で働くボランティアスタッフからの信じがたい証言が明らかに。

 

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です