【命がけ】ジャンプ葛西紀明 激怒の深意 ありえない平昌五輪ジャンプ設備

Japan's Noriaki†Kasai prepares for his trial jump of the third stage at the third stage of the four hills ski jumping tournament in Innsbruck, Austria, Saturday, Jan. 3, 2015. (AP Photo/Matthias Schrader)

スポンサーリンク

【韓国・平昌11日発】平昌五輪で大ブーイングだ。「こんなの中止でしょう」。ノルディックスキー・ジャンプ男子の葛西紀明(45=土屋ホーム)が珍しく怒りの声を上げた。10日夜の個人ノーマルヒル決勝(HS109メートル、K点98メートル)は強風で何度も中断。さらに氷点下10度の中で長時間待たされる劣悪条件となった。104・5メートル、99メートルの合計213・3点で21位に終わったレジェンドも運営面の不備を批判。8度目の五輪の出だしで期待を裏切られた悔しさをにじませた。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です