【命がけ】ジャンプ葛西紀明 激怒の深意 ありえない平昌五輪ジャンプ設備

Japan's Noriaki†Kasai prepares for his trial jump of the third stage at the third stage of the four hills ski jumping tournament in Innsbruck, Austria, Saturday, Jan. 3, 2015. (AP Photo/Matthias Schrader)

スポンサーリンク

五輪の華やかなムードは一瞬だった。午後9時35分、決勝1本目が始まると、懸念されていた強風が首をもたげる。メダルがかかった2本目開始時には気温も氷点下10・5度まで低下。猛烈な冷気が容赦なくスタートを待つ選手を襲った。

懸命に体を動かし、コンディションを整えようとする選手の姿が会場の大型ビジョンに映し出される。見かねた係員が毛布をかけ、マッサージを施す。風が落ち着かないため、助走の合図はなかなか出ない。だが、現場はさらに想像以上に過酷だった。

 

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です