【女子フィギュア】なぜ宮原は五輪の大舞台で回転不足判定を取られたのか?

bedf4f443bef16315bfccd9ceaca497c_1518360311_1

スポンサーリンク

平昌五輪のフィギュアスケートの団体戦、女子シングル(SP)が行われ、日本のエース、宮原知子(19、関大)と、“世界女王”エンゲニア・メドベージェワ(18、OAR)が明暗を分けた。日本は5位でFS進出を果たしたが、宮原は21日からの女子個人戦に向けて厳しい現実を突きつけられることになった。

宮原は冒頭の3回転ルッツ+3回転トゥループの連続ジャンプも乱れず着氷に成功し表面上はミスらしいミスがないまま『SAYURI』の世界を華麗に表現した。演技を終えて手ごたえがあったのかガッツポーズまで飛び出た。だが、キス&クライで、得点が68.95点と出ると、思わず宮原の表情は凍りついた。呆然といった表現が正しいだろう。「点数的には少し悔しい」。精一杯のコメントだった。冒頭の3回転ルッツ+3回転トゥループの連続ジャンプで両方を回転不足と判定されたのである。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です