【平昌五輪】スピードスケート高木美帆 2つのミスが引き寄せた涙の銀メダル

高木美帆-728x520

スポンサーリンク

スピードスケート女子1500メートルで高木美帆(日体大助手)が98年長野五輪女子500メートル銅メダルの岡崎朋美以来に個人種目で表彰台に立ち、銀メダルを獲得した。輝かしい結果でも、一つ間違えればその姿はなかったかもしれない。今季W杯4戦全勝した主戦場。しかし、五輪の雰囲気はそれまでとは違う。23歳は紙一重の世界で戦っていた。冷静になれたきっかけがある。

高木にとって今五輪最初の種目となった10日の女子3000メートル。W杯で今季1勝し、メダルも期待されていた。そして号砲が鳴る。前半から同走のデヨング(オランダ)にリードされる展開。目標としていたラップタイムを刻んでいたが、焦りが生じる。「それ(目標ラップ)を上回るタイムで同走の人が滑っていたので、前に出るためにピッチあげていたところがあった」。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です