【マスコミ五輪報道】メダル焦点 五輪報道に批判!入賞は立派、だがメディアは・・・

9f9fc1b5

スポンサーリンク

9日に開幕し熱戦が繰り広げられている平昌五輪。アスリートたちが懸命に競技に取り組む一方、結果を「ガックリ」「メダル逃す」など、メダルの有無に焦点を当てて報道するマスコミに批判の声が多数寄せられている。

フィギュアスケート団体は、宇野昌磨らの活躍により4位で決勝に進出。決勝のフリープログラムは、田中刑事、坂本花織、須崎・木原組、村元・クリス・リード組が出場し、総合順位は前回ソチ五輪と同じ5位となった。翌日13日の読売新聞紙面では、この競技結果を「日本 ガックリ 5位」と、期待に反する結果と取れる見出しで伝えた。また、スピードスケート女子3000メートルで高木美帆が5位入賞した際には、朝日新聞が「高木美帆メダルならず」、毎日新聞が「メダル逃す」と、メダルの有無のみをウェブ版のタイトルにして伝えた。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です