【成長】平野歩夢 4年前の銀で見せた素顔!19歳になり、大人びた平野はどう思う?

平野歩夢a-728x485

スポンサーリンク

(14日、平昌五輪・スノーボード男子ハーフパイプ)

五輪2大会連続で銀メダルを獲得した平野歩夢は15歳で出た前回のソチ大会で「冬季五輪の日本選手史上最年少でのメダリスト」になった。

当時、ソチから帰国して約1週間後、インタビューをさせてもらった。15歳ということもあり、最初の質問は決めていた。

■ソチ帰国、最初の質問は

「実家のご飯、どうだった?」。帰国直後の成田空港で「早く日本に帰りたかった。うちのご飯が食べたい」と言っていたからだ。

「おいしかった。いつもに帰ってきた感じですね」。15歳らしい無邪気な笑顔を見せたのは、このときだけだった。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です