【驚愕】齋藤慧 薬物を盛られた可能性が浮上!?アセタゾラミドは日本で市販していなかった

poison00

スポンサーリンク

平昌オリンピックで日本人選手にドーピング検査の陽性が出た。きのう13日(2018年2月)、現地で日本代表選手団の斎藤泰雄団長が発表した。スピードスケート・ショートトラック男子の斎藤慧選手(21)で、暫定的に出場停止措置となった。

検出されたのはアセタゾラミドで、東京都薬剤師会の高橋正夫理事によると「緑内障や高山病などの治療に使われる薬で、医師の処方箋が必要です。利尿作用があるため、他の禁止薬物を排出したり、体重を落としたりする目的で使われることがあります」という。

 

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です