【韓国陰謀説】ショートトラックで中国選手が相次ぎ失格・・・中国国内で大変なことに

20171120-052138128

スポンサーリンク

平昌冬季五輪のスピードスケート・ショートトラックで13日、男子1000メートル予選、女子500メートル準決勝と約30分の間に4人の中国選手が相次いで失格となり、中国のインターネット上には「韓国の“陰謀”」を疑う投稿が殺到した。

ショートトラックは中国の“お家芸”の一つ。これまで五輪で金9個、銀13個、銅8個のメダルを獲得してきた。今大会もメダル量産が期待されていたが、最大の障壁が、五輪で金21個、銀12個、銅9個を獲得しているショートトラック王国、韓国だった。

男子1000メートル予選の第4組、任子威が他の選手を妨害したとして失格となったのが、「中国代表のこの日の不運の始まりだった」(中国のポータルサイト「新浪体育」)。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です