【韓国陰謀説】ショートトラックで中国選手が相次ぎ失格・・・中国国内で大変なことに

20171120-052138128

スポンサーリンク

5組の武大靖こそ予選を通過したものの、6組の韓天宇も1位でゴールしながら失格となった。判定に激怒した李●(=王へんに炎)ヘッドコーチは試合会場から出て行ってしまった。

「不運」はこれで終わらなかった。女子500メートル準決勝第1組に出場した昨季の世界チャンピオン、范可新が失格。続く第2組の曲春雨も同じ結果に終わった。

女子500メートルは中国勢が2002年ソルトレークシティー五輪(米ユタ州)から4連覇している得意種目だった。范可新は競技後の取材ゾーンで、声を詰まらせ、目に涙を浮かべていたという。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です