【平昌五輪】平野歩夢 禁欲的な求道者・・・徹底的に管理された衝撃的な生活

w700c-ez_7b5cdec711091b560d719fb1fac5fdd737ba9d68a435504b

スポンサーリンク

平野はもがき続けていた。

15歳で出たソチ五輪で、日本人最年少の銀メダルを獲得。そこからの4年間、銀を超える輝きだけを求めてきた。

「自分を追い詰めてまでやらなきゃいけないものを楽しさ以上に感じていた」

命の危険がつきまとう高難度の技を究めようとする日々に「全く楽しくない」とこぼしたこともある。

米国では若者を中心に手付かずの雪山を自由に滑る映像制作が盛んだ。競技性を究めるのか、娯楽性を追うのか。平野は技を追い続けた。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です