【衝撃】韓国パシュートの内紛 昨年秋に始まっていた「置き去り選手」絡みの確執とは

e6340_80_2cf17661_12313361

スポンサーリンク

平昌五輪スピードスケート女子パシュート韓国代表チームで起きた「内紛」は、その後の7・8位決定戦まで尾を引いた。

騒ぎの発端はその前の試合、チームのノ・ソンヨンが隊列から大幅に遅れ、これを同チームのキム・ボルムとパク・チウが責めるような発言をしたこと。だが、チーム内の確執は五輪前から表面化していた。

「淡々と終えたという印象を持ちます」

韓国は2018年2月21日に行われた7・8位決定戦のポーランド戦に臨んだが、様子がおかしかった。400メートルリンク6周で争う女子パシュートで、2周を終えて3秒超、3周では4秒66もの遅れをとった。テレビ解説の青柳徹氏(88年カルガリー五輪から4大会連続五輪出場)は、4周を終えた時点で「韓国チームは追い上げたいですけど、そのような様子は見られないですね。これはどういうことでしょうか」と疑問を口にした。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!