【二人の関係】ザギトワ、金メダル後にメドベと“涙の抱擁”

a995a69b1ebf6c6cf6e965889b566a177f7b34ac99cfb666008ef9d0e5a72eae8ac051d98b5ebae924f229acaede8c8e2290010c010f4236ac669a48ea0b63d6

スポンサーリンク

1.31点差、同門の2人がリンクサイドで抱擁…ファン反響「美しき2人の女王」

平昌五輪は23日、フィギュアスケートの女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の15歳アリーナ・ザギトワ(OAR)が世界歴代2位の合計239.57点で金メダルを獲得した。SP2位の世界女王エフゲニア・メドベージェワ(OAR)は合計238.26点で銀メダル。涙を流した同門の2人はメダル確定後、抱擁を交わした。米メディアはその瞬間を「親友。たとえ、何が起きようと」と画像付きで速報すると、海外ファンに感動が広がっている。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です