【感動】高木菜那、リタイアした佐藤綾乃の思いを背負って奮闘!その結果驚きの結果に

img_1748b573d90eb7239e01b81259249592175126

スポンサーリンク

◇平昌冬季五輪 スピードスケート女子マススタート(2018年2月24日)

 

平昌五輪は24日、新種目のスピードスケート女子マススタート決勝が江陵オーバルで行われ、団体追い抜き(パシュート)で世界の頂点に立った高木菜那(25=日本電産サンキョー)が今大会2個目となる金メダルに輝いた。

 

これで日本のメダルは冬季五輪史上最多を更新し「12」となった。

冬季五輪で1大会で2個の金メダルを獲得するのは、1998年長野五輪・ジャンプの船木和喜以来2人目。

 

五輪で日本の女子が同一大会2個の金メダルを獲得するのは夏季を含めて史上初の快挙となった。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です