【まじかよ】大炎上した韓国女子選手がリング上でまさかの行動に

20180224_kim3-650x433

スポンサーリンク

「平昌五輪・スピードスケート女子・マススタート・決勝」(24日、江陵オーバル)

決勝に進出した日本の高木菜那(日本電産サンキョー)が金メダルを獲得した。

 

新種目の初代女王となった高木菜は女子団体追い抜きに続く2つめの金となった。

銀を獲得したのは、韓国のキム・ボルム選手。

 

キム選手は、19日に出場して敗退した「スピードスケート・女子団体追い抜き」(チームパシュート)のレース後のコメントを巡り、韓国で大バッシングを浴び、20日に涙を流して謝罪会見を行っていた。

 

 

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です