【五輪の精神】平昌五輪の閉会式に登場した韓国歌手の曲に賛否の声

w700c-ez_09283c62d225af054fd9b26a6650b6dba8f694f74fc3efcc

スポンサーリンク

2018年2月26日、韓国・国民日報によると、解散した韓国のガールズグループ「2NE1」の元メンバーで、ラッパーのCLが平昌五輪の閉会式で披露した曲が物議を醸している。

CLは25日に行われた平昌五輪の閉会式で、自身のソロデビュー曲「ナップンギジベ(悪い小娘)」と2NE1のヒット曲「ネガチェイルチャルラガ(私が一番イケている)」を披露した。

ところが閉会式直後から、韓国のインターネット上では「世界が見ている公式の舞台にふさわしくない」との批判が相次いだ。

 

CLの名前がポータルサイト検索語ランキングの上位に入るほど注目を集めたという。これを受け、CLは「最初は私を紹介する目的で、私のイメージを最もよく表現しているナップンギジベを歌った」と説明。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です