【ありえない】平昌五輪で北朝鮮選手が日本人を妨害した事件 韓国選手と北朝鮮選手の美談として紹介?

035170ee

スポンサーリンク

反日パルチザンか?

去る2月20日、平昌オリンピック男子 ショートトラック500メートル予選でゾッとする一幕があった。

 

北朝鮮のチョン・グァンボム選手、日本の渡辺啓太選手、韓国の黄大憲選手、アメリカのトーマス・インサク・ホン選手が出場した予選7組のレースでの出来事だ。

 

スタート直後に前方で転倒した北朝鮮のチョン選手が日本の渡辺選手のスケート靴のブレードに手を伸ばし渡辺選手と接触したのだ。

 

第1コーナー前での転倒した場合、再スタートというルールに従い、レースは2度目のスタートを切ることになった。

ところが、再スタートとなったレースでも危険な場面が再現された。

 

最初のコーナーを回ろうとしたとき、北朝鮮のチョン選手が外側を滑っていた渡辺選手の方向に倒れ、足を目一杯伸ばし進路を妨害したのだ。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です