【引退】3階級差戦い 山中慎介×ネリ戦、試合決行の大疑問

1ce784950c832053016d7820bf454f31e2f0c62d

スポンサーリンク

山中慎介(35)とルイス・ネリ(23)によるボクシングWBC世界バンタム級王座決定戦が2018年3月1日に行われたが、あまりの体重差に「試合を組ませるな」と不満が噴出した。

 

総合格闘家の川尻達也は試合後「納得できないでしょ」「ムカつくわ」とツイッターで吐露した。

 

「きっと納得できないでしょ」

53.5キロが上限のバンタム級。前日計量を山中が53.3キロで一発クリアした一方、ネリは55.8キロと2.3キロの大幅オーバーだった。

 

2回目も54.8キロでパスできず、王座を剥奪。さらに58.0キロが上限の当日計量で57.5キロとパスしたものの、体重でみれば3階級上のスーパーフェザー級だった。

ネリはチーズケーキを片手に「体重は作った」とコメントした。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です