【独裁政権】コワモテ中国女性報道官、謎の“失踪”1カ月 熾烈な権力闘争に巻き込まれた!?

20160531170309

スポンサーリンク

中国外務省の華春瑩報道官が1日、約1カ月ぶりに記者会見に姿を現した。

ときに辛辣(しんらつ)な日本批判も放つ、「コワモテ」の女性スポークスマンの長期不在は、外交関係者の間でも噂を呼び、台湾メディアは直前、「当局の捜査対象となっているようだ」と報じていた。

 

習近平国家主席の「独裁強化」が指摘される中国で、何かが起きているのか。

北京の外務省で行われた定例会見。

 

華氏は「中東での米中露の覇権争い」や「台湾問題」などについて、淡々と答えた。長期不在には触れなかった。

やや髪が短くなったように感じた。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です