【いいかげんにしろ】森友学園をめぐる公文書の書き換え疑惑 朝日新聞に識者から疑問の声相次ぐ

cb0a2bdc87267ff9e229fc789df2ce85

スポンサーリンク

6日、学校法人「森友学園」を巡る公文書書き換え疑惑を報じた朝日新聞に対し、識者たちが相次いで疑問の声を上げた。

 

2日、朝日新聞は森友学園との国有地売却を巡り、財務省近畿財務局がかつて作成した決裁文書と、昨年、国会議員に開示された文書の内容が異なっていると報じた。

 

朝日新聞によると、財務局の管財部門が局内の決済を受けるべく、2015年に作成した国有地の貸付契約に関する決裁文書では、「特例的な内容」「学園側の『要請』」といった文言があったという。

 

加えて、2016年作成の国有地の売買契約に関する決裁文書では、「学園の提案に応じて鑑定評価を行い」「価格提示を行う」と書かれた箇所もあったそうだ。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です