【衝撃】韓国パシュートのいじめ騒動 渦中の選手が驚くべきことを暴露

9c92205ad1114d5dcaff204d1ffc2560

スポンサーリンク


『SBS』の「キム・オジュンのブラックハウス」に出演したノ・ソンヨン

 

【ニュース提供=スポーツ・ソウル】平昌五輪のスピードスケート女子団体パシュートで“いじめ騒動”の中心に立っていたノ・ソンヨンがテレビ番組に出演し、「団体パシュートは(韓国スケート連盟が)捨てた試合だったと思う」として、メダル圏の選手たちに特恵が与えられたと主張した。

 

ノ・ソンヨンは3月8日に放送された『SBS』の「キム・オジュンのブラックハウス」に出演し、「その試合(団体パシュート)は、(韓国スケート連盟が)捨てた試合だったと思う」「連盟がメダルを獲得する可能性の高い種目に、より神経を使い、そうでない種目は集中しないようだ」と話した。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です