【パラリンピックでも問題行動】南北合同入場中止 統一旗の竹島で折り合わず!

AS20180205001492_comm

スポンサーリンク

9日開会の平昌(ピョンチャン)冬季パラリンピックで、韓国と北朝鮮が、朝鮮半島を描いた「統一旗」を掲げて入場する合同入場を中止したと大会関係者が明らかにした。

 

南北は平昌五輪に続きパラリンピックでも合同入場を予定していたが、統一旗のデザインをめぐって折り合えなかったという。

 

関係者によると、韓国側が国際オリンピック委員会(IOC)の判断に準じ、日韓が領有権を争う竹島(韓国名・独島)が描かれていない統一旗を使うことを主張したのに対し、北朝鮮側は、竹島がある統一旗の使用に固執した。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です