【失敗の歴史】米政府の複数の元高官 北朝鮮が実際に非核化する可能性はゼロとの考え!?

焦点:北朝鮮が「非核化」の可能性示唆、悲観的に見るべき理由

スポンサーリンク

これまでも北朝鮮は、米軍の韓国などからの撤退を求めてきた。

それは事実上、米韓同盟の終了を意味し、米政府は到底のむことはできない。

 

以前に北朝鮮との交渉に参加したある米政府の元高官は、今回の北朝鮮の動きについて「何年も続く可能性があるプロセスの始まりにおける言い回しであり、当然ながら核問題に絡む北朝鮮との交渉プロセスはいつも大失敗だった」と冷ややかな見方をしている。

 

<失敗の歴史>

1994年に当時のビル・クリントン政権が結んだ米朝枠組み合意は、北朝鮮が核開発プログラムを凍結するのと引き換えに、米国は軽水炉建設を支援して燃料を提供する内容だったが、ジョージ・W・ブッシュ氏が大統領に就任した後にご破算となった。

 

ブッシュ氏は北朝鮮を「悪の枢軸」と呼び、94年の合意に違反したと非難したことで関係が悪化したのだ。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です