【衝撃】新燃岳、溶岩の高さ20mに 体積は東京ドーム12杯分!?

c1d02_1509_fb22be87_8ad9e3f5

スポンサーリンク

活発な火山活動が続く宮崎・鹿児島県境の霧島連山・新燃岳(1421メートル)で、火口の北西側に流れ出ている溶岩の高さが約20メートルであるとする解析結果を、熊本大や東京大などのチームがまとめた。

 

火口にたまった溶岩の体積は、東京ドーム12杯分にあたる約1500万立方メートルと推計した。

宮縁育夫(みやぶちやすお)・熊本大准教授(火山地質学)が9日午後に本社ヘリから撮影した火口周辺の写真数百枚を、民間測量会社「アジア航測」(東京)の技術で精密に解析。

 

20センチ四方ごとに火口の縁や溶岩などの標高を推定し、2011年の噴火後にレーザーで計測した火口の標高と比べた。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です