【衝撃】女医が告白、糖質制限で「脳梗塞」一歩手前・・・糖質制限で死亡率が激増

https_imgix-proxy.n8s.jpcontentpic2017082296958A9F889DE3EBE7EBE5EAE2E2E2E1E2EAE0E2E3E5E2E2E2E2E2E2-DSXZZO1959789003082017000000-PB1-72

スポンサーリンク

短期的な効果が期待できる「糖質制限ダイエット」だが、糖質制限では老化が進む――。

それを我が身で“体験”した医師がいる。

「Yʼsサイエンスクリニック広尾」の日比野佐和子統括院長だ。

 

「糖質制限に挑んだのは30代の頃で、

3年の間、糖質は総カロリーの約10%しか摂取しませんでした。

始めると次第にシワが目立つようになり、

ホウレイ線もくっきり出てきた。

知り合いの美容整形の医師から、

ヒアルロン酸注入のモデルを頼まれたくらいで、

当時はなんて失礼な!と思いましたが、

じわじわと老化が進んでいたのでしょうね」

 

日比野統括院長の体験談はこれで終わりではない。

「ある朝起きたら、右手と右足がマヒして動かない。

力が入らないんです。

それで調べてみたら、一過性脳虚血発作で、

脳梗塞になる寸前の状態でした」

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です