【地獄の入り口】寝過ごしたら絶望的な終点 宇都宮線小金井駅には何がある?

24b9c_1386_98058384643852d421c3f7eb67a7d710

スポンサーリンク

 

朝、通勤や通学で乗る電車の終点はどこだろうか。

やたらと“直通運転”の多い首都圏では、

名前ばかり見るけれど行ったことのない、

そしてできれば行きたくない“ナゾの終点”が少なくない。

 

果たして、その“ナゾの終点”に何があるのか。

その答えを読者諸兄の代わりに探るべく、

これまでも“通勤電車乗り過ごしの旅”として、

籠原(JR高崎線)や印旛日本医大(北総線)を訪れてきた。

 

北関東「乗り過ごし駅」の頂点、小金井

籠原駅は、気温が高い町としておなじみの熊谷市にあり、

駅としては熊谷駅のひとつ先。

予想通りと言うべきか、

特に駅の周辺にもなにもなく、

空き店舗が目立つ商業施設がポツリと建っているだけだった。

 

春秋冬ならまだしも、真夏に乗り過ごして籠原に行ってしまったら、

それはただの灼熱地獄である。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です