【苦い記憶】枝野代表に物申す!!『震災時の教訓を生かしていますか?』

o0600038411826942591

スポンサーリンク

当時、陸上幕僚長だった火箱芳文(ひばこ・よしふみ)氏は

「菅政権は当初、原発事故について『何とかなる』と楽観的だった。

1号機について枝野氏は『爆発的事象』といったが、実際は水素爆発だった。

3号機の事故で自衛隊員4人が負傷し、

現場は『言っていることと違うじゃないか!』と困惑した。

菅政権は危機的状況を速やかに伝えず、国民を欺いたに等しい」

と批判する。

 

陸自は、原子炉建屋内の状況が分からないまま、

放射線量が高い危険な状況で、

原子炉冷却のためにヘリコプターでの放水を断行した。

 

菅政権の情報発信が後手に回り、

隊員は命の危険にさらされたのだ。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です