【米英仏武力攻撃】シリア化学攻撃は『ねつ造』?アメリカとロシアの対立がヤバい

原油と金は小幅安、限定的なシリア攻撃に安堵感 ロシアの対応に注目

スポンサーリンク

 

イギリスやフランスとともに1年ぶりのシリア攻撃を行ったアメリカのトランプ大統領。

その根拠となった化学兵器については、

ロシア側はその存在をは否定するなど情報戦の様子を呈しています。

13日夜にアメリカやイギリス、

フランスによって行われたシリアへの武力攻撃。

 

アメリカ国防総省は、

発射した105発のミサイルすべてが標的である化学兵器製造施設に命中させたと発表しました。

 

国防総省は、攻撃した施設の攻撃前と攻撃後の衛星写真を公開し、その成果を強調しました。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です