【脱亜論】福沢諭吉が見抜いた韓国の本質が的確過ぎてヤバい

maxresdefault

スポンサーリンク

これは福澤諭吉の言葉であるが、

まさに現在の日韓関係の本質を言い当てているではないか。

 

ただし福澤は決して「嫌韓」論者なのではなかった。

後で引く有名な「脱亜論」もそうである。

 

彼は西洋列強のアジアへの帝国主義的な侵略にたいして、

明治維新によって近代化の道を拓いた日本こそが、

中国や朝鮮にたいして力を貸して共に連帯して抗すべきであると考えていた。

 

また亜細亜という言葉から中国(清朝)と朝鮮を同じく捉えていたのではなく、

むしろ朝鮮をアジア同胞として清韓の宗属関係から脱却させ日本のように文明化させることの必要性を説き尽力したのである。

 

李氏朝鮮の旧体制(血族や門閥による支配)のままでは早晩、

清国やロシアの植民地となり、それはそのまま日本の国難になるからだ。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です