【脱亜論】福沢諭吉が見抜いた韓国の本質が的確過ぎてヤバい

maxresdefault

スポンサーリンク

むろん福澤はアジアのなかで唯一文明化に成功した日本を正しい選択であったとしている。

大切なのは西洋文明の波がかくも急速に高く押し寄せているときに、

旧態依然の「外見の虚飾」を捨てない朝鮮の政体と人民への絶望と苛立ちをはっきりと表明してみせた言論人としての姿勢である。

 

《左れば今日の謀を為すに我国は隣国の開明を待て共に亜細亜を興すの猶予あるべからず、

寧ろその伍を脱して西洋の文明国と進退を共にし、

その支那、朝鮮に接するの法も隣国なるが故にとて特別の会釈に及ばず、

正に西洋人が之に接するの風に従て処分すべきのみ。

悪友を親しむ者は共に悪名を免かるべからず。

我れは心に於て亜細亜東方の悪友を謝絶するものなり。》

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です