【脱亜論】福沢諭吉が見抜いた韓国の本質が的確過ぎてヤバい

maxresdefault

スポンサーリンク

かかる「悪友」への処し方を、

われわれは今こそ明治国家の多極的な外交戦略と、

その背後にあった福澤諭吉のような近代日本の思想的先達によくよく学ぶべきであろう。

 

【PROFILE】富岡幸一郎●1957年東京生まれ。

中央大学文学部フランス文学科卒業。

在学中に執筆した「意識の暗室―埴谷雄高と三島由紀夫」で「群像」新人賞評論優秀作を受賞、

文芸評論活動に入る。

 

関東学院大学国際文化学部比較文化学科教授、

鎌倉文学館館長。近著に『虚妄の「戦後」』(論創社)がある。

 

参照元:https://www.news-postseven.com/archives/20180416_657811.html

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です