【本当?ウソ?】小保方氏が日記で語った残酷な罰・・・小保方さんにとっての事実

3725_2_1

スポンサーリンク

 

STAP細胞に関するさまざまな出来事は、

僕にとっても、印象深いものでした。

 

若くて感じの良い、割烹着姿の女性研究者が注目されているのをみて、

「ああ、世の中には、若くして、こんなふうに『世界を変える』ような仕事をしてしまう人がいるのだなあ」

と、称賛と羨望と嫉妬が入り混じった気持ちになったのですが、

その「ヒロイン」は、捏造疑惑で「科学の敵」として、大きなバッシングを受けることになりました。

僕が知るかぎりの証拠や、追試でSTAP細胞の再現性が確認できないことを考えると、

小保方さんの論文に書かれていたことは、科学的な事実とは認めがたいのは事実です。

しかしながら、それが意図的になされたものなのか、

なんらかの偶然で起こってしまったことに対して、過剰に信じすぎてしまったのか、

小保方さんひとりが責を負うべきなのか……いろんな「真実」はわからないまま、

「小保方晴子というひとりの女性への興味」

だけが残ってしまったようにも思われます。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です