【本当?ウソ?】小保方氏が日記で語った残酷な罰・・・小保方さんにとっての事実

3725_2_1

スポンサーリンク

いかにも「悪いことをしそうな人」であったら、

みんなけっこう「ああ、そんな感じだよね」って言って、納得できたはずです。

 

ところが、小保方さんには、「ある一定の割合の人は、彼女を信じたくなってしまうようなオーラ」みたいなものがある。

 

あのSTAP細胞事件というのは、科学研究の世界が潜在的に抱えていた問題をあらわにしたのです。

「研究者は、自らの良心に基づいて正しいデータ、正しい実験をしている。もちろん、結果的に間違った結果を発表してしまうことはあるけれども、それはあくまでも『過失』にすぎない」

そういう前提にしておかないと、科学研究には、コストがかかりすぎるのです。

『ネイチャー』や『サイエンス』というような、

論文が載ることで科学の世界に大きな影響を与え、研究者としての評価が高まるような雑誌で、

投稿されてくる論文の元になるデータのひとつひとつが真正なものかどうか検証していたら、

ものすごい時間と手間がかかってしまいます。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です